このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > 日本代表 > ニュース



オシム監督倒れる、脳梗塞で緊急入院

7月19日、身振り手振りで日本代表イレブンに指示を出すオシム監督
7月19日、身振り手振りで日本代表イレブンに指示を出すオシム監督

 日本サッカー界に激震が走った。日本代表のイビチャ・オシム監督(66)が16日午前2時すぎ、千葉県内の自宅で倒れ、浦安市内の順大医学部浦安病院に緊急入院した。日本サッカー協会は午後4時50分から都内で緊急会見。同監督の病状について、急性脳梗塞(こうそく)で集中治療室で治療を受けていることを明かした。川淵三郎キャプテン(70)は「命を取り留めて欲しい」と涙ながらにコメント。来年2月6日にスタートする10年W杯南アフリカ大会アジア3次予選に向け、日本代表への影響は避けられない見通しとなった。

 4大会連続のW杯出場を狙う日本代表に緊急事態が発生した。来年2月開幕のW杯予選へ82日と迫った大切な時期に、オシム監督が病に倒れた。

 日本協会は午後4時50分から東京・文京区のJFAハウスで緊急会見。川淵キャプテンの説明では、同監督はイングランド・プレミアリーグをテレビ観戦したあとの午前2時すぎ、自宅の2階で倒れたという。アシマ夫人が発見し、長男の千葉アマル監督が対応。浦安市内の順大医学部浦安病院へ緊急搬送した。

 診断は急性脳梗塞で、田中茂樹教授を中心とする脳神経内科・脳神経外科の医師団が集中治療室で治療にあたっているという。川淵キャプテンは「急性期のため症状が不安定で長期的展望についてはお話しする段階ではない」。今後の指揮については「協会にとっても本当にショックな出来事。皆さんの関心事だが、今は代表どうのこうのというよりも、オシム監督に治って欲しい。命を取り留めて欲しい」と涙で声を詰まらせながら話した。

 同監督を見舞った関係者によると、倒れてから搬送までに約1時間を要したという。アマル氏が国内の関係者に電話したが深夜で連絡が取れず、海外の知人を経て国内の関係者が救急車を要請した。さらに193センチ、90キロの巨体を2階から下ろすことにも手間取ったという。

 同関係者は「意識はあったり、なかったり。右手が少し動く程度」と説明したが、その後容体は安定。夜に撮った2度目のCTスキャンでは出血が止まったことが確認され、顔のむくみもとれてきた。小康状態と判断されたため、深夜には詰めていた家族や協会スタッフは病院を離れた。

 オシム監督は9月の代表オーストリア遠征後、グラーツにある自宅などで10月初旬まで休暇をとり、同4日に再来日。同17日にはエジプト戦の指揮を執り、その後も日本に滞在して忙しい毎日を送っていた。14日には埼玉でACL決勝、浦和-セパハン戦を観戦。前日15日も千葉県内で千葉の練習試合を視察していた。

 オシム監督は心臓に持病があり、昨年7月の就任前から高血圧など健康面に不安を抱えていた。同協会田嶋専務理事によると、月に1回は都内の病院で検査を受け、常時薬を持ち歩き、遠征中の緊急時に備えて病院のチェックを欠かさないなど、万全の態勢を敷いてきた。「(昨日まで)具合が悪い、という情報は受けていないし、調子が悪いとも聞いていなかった」と、15日までは変わった様子はなかった。

 オシム監督は06年W杯ドイツ大会で惨敗後、ジーコ前監督の後を受け昨年7月に日本代表監督に就任。10年W杯に向け「人とボールが動くエレガントなサッカー」を推し進めつつ、若手の育成、国内組の底上げ、海外組の再生など約1年4カ月で日本サッカーを立て直し、南アへの土台を着々と築いてきた。川淵キャプテンは同監督の容体について「かなり厳しい状況」と話し、今後の指揮に影響が出ることは必至。来年2月の予選スタートを前に、日本サッカー界への影響は計り知れない。

[2007年11月17日9時28分 紙面から]

関連情報
  1. 最新ニュース
  2. カテゴリ別
  3. ブログ&コラム

記事バックナンバー

Jリーグ スコア
ゼロックス <3月1日>
鹿島 2 - 2
3(PK)4
広島
海外サッカー スコア
現地5月26日 ※時刻は日本時間
Rマドリード(スペイン) 3-1 リバプール(イングランド)


このページの先頭へ