このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > 日本代表 > ニュース



オシム前監督「現場復帰」へ強い意欲

オシム前監督の様子について話す日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン
オシム前監督の様子について話す日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン

 イビチャ・オシム前日本代表監督(66)が『現場復帰』へ強い意欲を見せていることが27日、明らかになった。日本協会の川淵三郎キャプテン(71)がこの日、オシム前監督が転院した都内の病院を訪れ、11月16日に急性脳梗塞(こうそく)で倒れてから初めて面会。約20分ほど会話し、前監督を見舞った。

 川淵キャプテンによると、車いすの前監督は久しぶりの対面にニッコリと笑い、右手で交わした握手も「今までと変わらなかった」というほどしっかりしていた。15キロほどやせ、左半身にまひは残るが、食欲もあり会話も問題なし。既にリハビリも開始し、この日は歩いたという。

 24日に転院してからはテレビを見ることも許可された。23日のバルセロナ-Rマドリードなど、たまっていたビデオもチェック。「サッカーを見る時間を削ることはできない。サッカーの勉強はいつまでもやらないといけない」と復帰へ意欲を見せている。意識を取り戻した際には医師に「子供にサッカーを教えたい」と話していたという。

 同キャプテンは具体案こそ示さなかったが、回復後には日本サッカーの発展に何らかの形で貢献してもらえるようカムバックを要請。千田通訳と1年、契約を延長したことも伝えた。前監督は「君(通訳)、1人だけいい思いをして」と得意のオシム節で笑わせたという。「こういうことができると(前監督が)思い付いたら相談してほしいし、それを(協会として)受け入れる」と川淵キャプテンは復帰を心待ちにしていた。

[2007年12月28日8時45分 紙面から]

  • エヌスクへ
関連情報
  1. 最新ニュース
  2. カテゴリ別
  3. ブログ&コラム

記事バックナンバー

Jリーグ スコア
ゼロックス <3月1日>
鹿島 2 - 2
3(PK)4
広島
海外サッカー スコア
現地5月5日 ※時刻は日本時間
チェルシー(イングランド) 2-0 Rマドリード(スペイン)

「オシム前監督「現場復帰」へ強い意欲」に関する日記

  1. エヌスクユーザーなら、自分の日記をこのページに  できます。
  2. まだエヌスクに登録していない方は こちらで新規登録 ができます。


このページの先頭へ