アジア・サッカー連盟(AFC)は9日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦(5月31日、埼玉)で乱闘騒ぎを起こした済州(韓国)の3選手らの処分を発表した。試合中に退場となりながら乱闘に加勢した趙容亨(チョ・ヨンヒョン)に6カ月の出場停止処分と罰金2万ドル(約220万円)の厳罰を科した。クラブには4万ドル(約440万円)の罰金を科した。騒動を受けた浦和はAFCに抗議文を提出したが、乱闘に加わったとして2万ドル(約220万円)の罰金となった。

 AFCの発表した処分に対して済州は抗議する意向だと、韓国の「スポーツソウル」が伝えた。済州は9日に映像つきの文書をAFCに提出したが、その翌日に処分が決まったことに対し「まったく反映されなかった。処分が厳しすぎる」などと反発しているという。処分を不服とし、AFCに抗議する構えだという。