J2に降格したV・ファーレン長崎は11日、長崎市の諏訪神社で必勝を祈願し、今季から指揮する手倉森監督は「(昨季のような)混戦になることを覚悟して進む先で(他クラブを)引き離す戦いをしたい」と、1年でのJ1復帰へ決意を新たにした。

FW鈴木ら主力が去った中、元日本代表FW玉田らベテランを補強したことについて監督は「若手やJ1経験がない選手を引き上げて、近い将来J1で優勝争いができるチームにする思いで編成を組んだ」と説明した。玉田は「昇格、優勝が目標だけど、目の前のことに100%の力を出す」と意気込んだ。