横浜F・マリノスが自慢の攻撃が機能しなかった。なかなか起点をつくれず、大分トリニータの攻守の切り替えの速さの前に2失点。終盤はセットプレーから何度もチャンスをつくったが、ゴールが遠かった。

ポステコグルー監督は「タフな試合だった。どちらもハードワークしたが、ゴールを決められるかどうかが勝敗を決した」と、今季初黒星を残念がった。