大分トリニータが藤本の得点で逃げ切った。

後半7分、相手守備ラインの裏を突いたパスをうまくキープし、DFをかわして左足で突き刺した。先制後はチーム全体で粘り強く守った。

湘南ベルマーレにも好機はあったが、シュートやクロスの精度を欠いた。