FC東京の久保建英が決勝点を挙げた。人数をかけた相手守備を破れずにいたが、0-0の後半39分、左CKからの浮いたこぼれ球に反応して左足で決めた。

ジュビロ磐田はGKカミンスキーの好守もあって耐えたが、持ちこたえられなかった。