名古屋グランパスからオランダ1部リーグ、AZアルクマールへ期限付き移籍するU-20(20歳以下)日本代表のDF菅原由勢が20日、オランダへの出発前に関西空港で取材に応じ「非常に楽しみ。自分を成長させるために行きたい」と意気込んだ。

右サイドバックを主戦場とする18歳。自身と同じように名古屋からオランダに渡り、日本を代表する選手となった本田圭佑や吉田麻也を意識し「先輩方を越さないといけない立場。追い付くのではなく、追い越したい」と話した。

来年の東京五輪も見据えての移籍で「海外にいることでレベルをもっと上げられると感じたので決断した。自信を持って挑みたい」と語った。