J2水戸ホーリーホックの沼田邦郎社長は23日水戸市内で記者会見し、社員に対する残業代未払いや、幹部社員によるパワハラがあったと明らかにした。

未払いがあったのは、労使が今年、時間外労働(残業)や休日労働に関する労使協定(三六協定)を結ぶ以前の時期で、両者が未払い分の精算について協議中。パワハラは昨年、部下だった男性社員が訴えて発覚。第三者委員会が調べ、パワハラと認定した。幹部のほか、管理責任を持つ社長の処分を検討する。沼田社長は「ご迷惑、ご心配をお掛けした」と謝罪した。