湘南ベルマーレが遠かった白星を、ようやくつかんだ。

リーグ戦では実に6試合ぶり。後半戦をいい形で発進し、曹貴裁監督は「選手全員がまとまってよくやってくれた」とほっと一息つきながら喜んだ。前半5分、古林が右から中央に折り返したところを、山崎がスルー。20歳の有望株、斉藤が後ろで「スルー!」と声を出したといい「言ったら本当にしてくれた。自分はどフリーだったので」と冷静に押し込み、先制点を決めた。