名古屋グランパスが試合開始早々に不用意なPKを与えた。横浜F・マリノスの仲川が攻め上がってきたのを吉田が追い、軽く体を払ったところで倒れられて反則となった。PKを献上し、前半3分に先制を許した。

風間監督は試合後、「本当に正しいジャッジだったのかどうか、それで試合の流れも変わるのでもう1度確認してもらいたい」と苦言を呈した。