川崎フロンターレは22日、DF馬渡和彰が左膝外側半月板損傷で17日に手術を受け、全治約3カ月と診断されたと発表した。

9日のルヴァン杯準決勝第1戦の鹿島アントラーズ戦で負傷した。

馬渡和は今季リーグ戦は13試合に出場し1得点を挙げている。(共同)