セレッソ大阪が快勝した。前半29分にソウザがFKを決めて先制し、後半9分には奥埜が追加点を挙げた。

相手に圧力をかけてパスでの組み立てを許さず、主導権を渡さなかった。大分トリニータはシュート4本に封じられ、攻め手を欠いた。(共同)