J2モンテディオ山形は12日、山形県総合運動公園アリーナでキックオフイベントを行い、サポーター約2200人と交流した。

新加入選手がお披露目される中で、会場を盛り上げたのは昨季主将を務めたDF山田拓巳(30)のサプライズ発表だった。「昨年のイベントでは、J1に昇格するまで結婚はしませんと言いましたが、昨年の途中に結婚しました」と明かすと、どよめきと歓声が湧き起こった。

昨年9月に山形県内在住の一般女性と結婚。クラブ一筋13年目のベテランは晴れて「独身会長」を卒業していた。「自分のことを理解してくれる良きパートナーです」とのろけ、今季に向けては「サポーターからの期待も感じ、今年こそは結果を残したい。チームのために全試合に出場して貢献する」とJ1昇格への強い決意を口にした。

イベントでは新加入のFW高橋潤哉(22=駒大)が得意芸を披露。司会者から「モノマネができると聞きました」とむちゃ振りされても、「ちょっと待ってぇ~、どんだけぇ~」とIKKOのモノマネをするチョコレートプラネットを演じ、サポーターを喜ばせた。

今季スローガンは「前進」に決まった。サポーター歴11年の50代夫婦は「新監督になって前に進む感じがして良いと思う。今年は自動昇格を決めて欲しい」と期待。石丸清隆新監督(46)は「躍動感のあるチームをつくっていきます。スタートダッシュが大事なので、開幕戦から熱い声援をお願いします」とあいさつした。【佐藤究】