J2京都サンガFCは15日、新本拠地のサンガスタジアムbyKYOCERAで9日に開催したJ1のセレッソ大阪とのプレシーズンマッチで、京都側のゴール裏席で差別的な思想を連想させるデザインを施した旗が掲出されたと発表した。

クラブは差別的思想を連想させる旗、横断幕などの持ち込みを禁止しており「多くの皆さまに不快な思いをさせてしまいましたことを深くおわび申し上げる」と謝罪。今後は掲出物の内容確認を強化するなどしていくという。