新型コロナウイルスに感染した日本サッカー協会の田嶋幸三会長が2日、東京都内の病院から退院してウェブ上で記者会見し、「命さえあれば経済の立て直しも、サッカーもスポーツもできる。亡くなったら何もできない。これを忘れちゃいけない」と呼び掛けた。

田嶋会長は2月下旬から3月上旬にかけ、女子ワールドカップ(W杯)招致活動などのため欧州、米国に渡航。帰国後に変調を感じ、3月16日から入院、同17日に新型コロナウイルス陽性が判明した。入院中は1週間ほど微熱が続いたが、肺炎の症状は軽度だった。当面は隔離生活を続け、ウェブ会議などを通じて業務に携わる。

入院中、感染者が増えて日に日に医師らが慌ただしくなり、マスク、ゴーグルなどの物資不足を目にした。患者やその家族、医療関係者への偏見、差別が生じつつある状況も肌で感じたという。医療関係者への謝意を述べるとともに「医師や看護師、保健所の皆さんは医療崩壊を起こさないよう必死になっている。彼らが感染しない、疲弊しない状況をつくらないといけない」と訴えた。(共同)