ジュビロ磐田はサイドから攻撃を仕掛けたが、FW小川航が厳しくマークされるなど、京都の守備に阻まれて無得点。2失点で今季初黒星を喫した。

フベロ監督は「何とか1点ずつ返していきたかったが、結果が出なかった」と下を向いた。同監督は試合中に審判から指笛を注意された。無観客の中、主審が吹くホイッスルと音が似ていたためとみられる。「審判が決めたこと。審判をリスペクトしたい」と語り、選手への指示に支障があったかどうかについては「特になかった」と語った。