J1名古屋グランパスエイトのフィッカデンティ監督は10日、7月に新型コロナウイルス感染が確認されたDF宮原とMF渡辺が既に治療を終えて別メニューで調整していることを明らかにした。「プロとしてプレーできるかという安全を考慮して(体力が戻るように)トレーニングを行っている」と12日のルヴァン・カップ、川崎戦に向けたオンラインの記者会見で語った。

宮原は7月24日、渡辺は同25日にPCR検査で陽性反応が確認された。名古屋は同26日に予定されていた広島戦が中止となった。(共同)