サッカーの九州リーグは11日、今季のリーグ戦を中止すると発表。

6月27日から実施していたが、沖縄県で独自の緊急事態宣言を発令するなど、7月中旬から九州各地で新型コロナウイルス感染が拡大したのが理由。出場辞退を申し出たチームもあった。