ヴィッセル神戸が点の取り合いを制した。

2-2に追いつかれた直後の後半32分、ドウグラスが右クロスを頭で合わせて勝ち越した。後半2分に古橋、6分に郷家が得点したが、ミスからの失点で苦しい展開を招いた。ベガルタ仙台は常に後手に回った。(共同)