互いに決め手を欠いた。押し込む時間が長かったサンフレッチェ広島はサイドを起点に好機を探ったが、ドウグラスがヘディングを外すなど仕留め損なった。

ベガルタ仙台は4バックから3バックに変えた終盤に巻き返すも、FKからの決定機を平岡が逸した。(共同)