互いに決め手を欠き、無得点で引き分け。横浜マリノスはボールを保持しながらも崩しのアイデアに乏しく、仕上げの場面でも精度が低かった。ベガルタ仙台は緊密な守備網を維持し、よく耐えた。速攻から好機を探ったが、前線は迫力不足だった。

J1勝敗表はこちら―>