日本サッカー協会は14日、女子サッカーの歴史研究調査で日本最古とみられる競技写真が確認されたと発表した。大分上野丘高の「百年史」に掲載されたもので、大分高等女学校時代の1916年に行われた試合の様子が写っている。これまでは19年撮影の香川・丸亀高等女学校の写真が最古とされてきた。

北海道大大学院の崎田嘉寛准教授らの研究グループによる調査で判明した。研究グループは公立高等女学校の学校史を調査し、戦前の1902~40年に北海道から九州まで全国53校で女子サッカーが行われていたことも確認した。(共同)