清水が点の取り合いを制した。前半12分の速攻から鈴木唯が先制し、1-1の後半27分はディサロが頭で加点。再び同点とされた直後にチアゴサンタナが左足で勝ち越し点を決めた。仙台は2度追い付いたが、やや守備が緩かった。(共同)