互いに無得点で引き分けた。終始、主導権を握ったのはサガン鳥栖。前半に小屋松が守備ラインの裏に抜ける好機を得たが、生かせなかった。

大分トリニータは防戦一方だった前半から、後半に選手交代などで修正したものの、決め手を欠いた。