大分トリニータは渡辺が2得点を挙げた。0-0で折り返した後半5分、伊佐のシュートがポストで跳ねたところに、素早く詰めて先制。10分後にはPKを決めた。ベガルタ仙台はシュートわずか1本に終わり、後半は押し込まれる場面が目立った。