ワールドカップ(W杯)カタール大会で史上初の女性審判員6人の中に選ばれた山下良美主審(36)が20日、オンライン取材に応じ「W杯は夢にも思えないような夢だった。驚いたのが最初の気持ち。そこから幸せな気持ちや感謝がわき上がった」と笑顔で話した。

Jリーグやアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で初の女性主審を務めた経歴を持つ。選出は海外の審判員仲間からの連絡で知ったという。W杯で主審の割り当てがあることを願い「笛を吹くことを目指して準備する。精いっぱい、日々を過ごしたい」と話した。