1次リーグ最終戦が行われ、10月1日の決勝(東京・味の素フィールド西が丘)は三菱重工浦和-日テレ東京Vの顔合わせに決まった。

A組では三菱重工浦和がちふれ埼玉を2-0で下して3勝2分けの勝ち点11。長野と並んだが、得失点差で上回って首位となった。

B組ではINAC神戸が広島に2-1と競り勝ち、日テレ東京Vと同じ勝ち点8としたが、得失点差で2位になった。(共同)