日本代表のDF谷口彰悟(31=川崎F)が、カタール1部リーグのアルラヤン移籍が決定的であることが2日、関係者への取材で分かった。

谷口は14年に加入して、20年からは主将を務めていた。クラブは慰留したが、海外でのプレーを希望した本人の意思が尊重される形となった。アルラヤンは今季のリーグ戦で12チーム中最下位と低迷するが、アジア・チャンピオンズリーグ西地区で決勝トーナメントに進出している。