J2町田ゼルビアの新監督就任が決まった青森山田高の黒田剛氏は7日、東京都町田市で記者会見し、初のJリーグ指揮に向けて「今までやってきたことを、新しいステージで挑戦できるのは光栄なこと。自分のキャリアを全てぶつけていく」と意気込みを語った。

1995年から青森山田高の監督を務め、全国高校選手権で3度の優勝に導くなど屈指の強豪へと育て上げた。52歳でプロの世界に飛び込む異例の挑戦に「頑張っている(アマチュアの)指導者の価値を上げるために突破口を開きたい」と思いを口にした。

今月開幕する高校選手権終了後に町田に合流する予定。