日本サッカー協会の審判委員会は8日、J1第32節の浦和-神戸(11月12日・埼玉スタジアム)で大迫(神戸)の決勝ゴールがオフサイドを疑われている判定について、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)側に決定的な映像がなかったと公表した。

東城穣審判マネジャーによると12台のカメラ映像にはロングキックを蹴ったGK前川と大迫を同画面で収めたものがなく、副審の判断についても「非常に難しい」と繰り返した。

また2日のJ1昇格プレーオフ決勝で、清水の高橋が東京Vの染野を倒してPKを与えた場面について、東城マネジャーは「いろいろな見方があるが、我々は当然(主審の判定を)支持する」とした。(共同)