サッカー元日本代表で歴代3位の通算50得点を記録したFW岡崎慎司(37)=シントトロイデン=が今季限りで現役引退することが26日、関係者の話で分かった。今季はけがの影響もあり、所属クラブで出場機会を大幅に減らしていた。

ゴール前での思い切りの良さや攻守での泥くさいプレーが持ち味の岡崎は、兵庫・滝川二高から2005年にJリーグの清水入り。ドイツのシュツットガルト、マインツを経て、15年に加入したレスターではイングランド・プレミアリーグ優勝に貢献した。スペインでもプレーし、22年にベルギーのシントトロイデンに入った。

日本代表ではワールドカップ(W杯)代表に10年南アフリカ、14年ブラジル、18年ロシアと3大会連続で選ばれた。国際Aマッチは119試合出場。(共同)