このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > ニュース


サッカーメニュー

千葉新監督にルワンダ代表監督のクゼ氏

 千葉の新監督に、ルワンダ代表監督のヨジップ・クゼ氏(55)が就任することが6日、決定的になった。同日、本人がルワンダでカガメ大統領と面会。契約解除の許可を取り、オファーを出す千葉との詰めの交渉が可能になった。10日にも来日し、正式契約する。

 千葉は昨年末のアマル前監督解任後、複数の指揮官をリストアップ。セパハン監督のボナチッチ、元スロベニア代表監督のカタネツ、元イラン代表監督のイバンコビッチら「オシム路線踏襲派」や、バレージ(ACミランユース監督)ジェンティーレ(イタリアU―21代表監督)ら「課題の守備克服派」と、それぞれ交渉を進めていた。

 そんな中、G大阪での指揮経験から日本を熟知するクゼ監督が急浮上。代表監督としての経験や、攻撃性のユーゴ出身、安定した守備のドイツ育ち。攻守のバランスの良さなどが、千葉の求める条件と合致した。ドイツ語を話せるスタッフが多い千葉では、意思疎通の問題もない。

 クゼ監督はディナモ・ザグレブ指揮当時の06年、練習試合で千葉と対戦。4―0で圧勝した。当時千葉を率いたオシム監督は「ああいうプレーを我々も目指すべき」と絶賛。その後、監督を探す欧州クラブの友人には「クゼなら間違いはない」と太鼓判も押した。名将も認めた男が、主力流出の危機にひんする千葉に、救世主になる。

[2008年1月7日9時9分 紙面から]

  • エヌスクへ

【PR】

関連情報

  1. 最新ニュース
  2. カテゴリ別
  3. ブログ&コラム

記事バックナンバー

Jリーグ スコア
ゼロックス <3月1日>
鹿島 2 - 2
3(PK)4
広島
海外サッカー スコア
現地11月6日 ※時刻は日本時間
Bミュンヘン(ドイツ) 2-0 オリンピアコス(ギリシャ)
ロコモティフ・モスクワ(ロシア) 1-2 ユベントス(イタリア)
パリサンジェルマン(フランス) 1-0 クラブ・ブリュージュ(ベルギー)
Rマドリード(スペイン) 6-0 ガラタサライ(トルコ)
レッドスター(セルビア) 0-4 トットナム(イングランド)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 3-3 シャフタル・ドネツク(ウクライナ)
アタランタ(イタリア) 1-1 マンチェスターC(イングランド)
レーバークーゼン(ドイツ) 2-1 Aマドリード(スペイン)

「千葉新監督にルワンダ代表監督のクゼ氏」に関する日記

  1. エヌスクユーザーなら、自分の日記をこのページに  できます。
  2. まだエヌスクに登録していない方は こちらで新規登録 ができます。


このページの先頭へ