たった一振りで全てを変えた。試合の流れが関係ないほど強烈な個でねじ伏せたアルゼンチンのFWメッシ。今大会最多8万8966人が集まった舞台で負ければW杯優勝の夢が消える窮地を先制点で救ったスーパースターは「まだ諦めるわけにはいかなかった」と感慨に浸った。

5バックで守備を固めた相手に対し、初戦でサウジアラビアに敗れた重圧からかミスを連発。エースに球がつながらない。得点の気配がない中で迎えた後半19分。ディマリアのパスをわずかなスペースで止め、左足で渾身(こんしん)の一撃を見舞うと低い弾道のシュートがゴール右隅に突き刺さった。

サポーターの元に駆け出して仲間の祝福を受け「肩の荷が下りた」。視線を上げ、安堵(あんど)の表情を浮かべた目に光るものがあった。見上げた先にいたのは2年前に死去した英雄マラドーナさんか。試合前日の25日が命日。この一戦でくしくもメッシはマラドーナさんが持つアルゼンチンのW杯最多出場記録21に達し、W杯通算8点目でも並んでみせた。

圧巻のゴールで優勝候補は息を吹き返した。終了間際も史上初の5大会連続アシストを記録して追加点。番狂わせを許した初戦後は「悔しさを胸に刻んで過ごす時間はすごく長かった」という。それでもすぐにミーティングを開き「落ち着いて団結しよう」とチームを鼓舞。「覆せると信じていた」と誇らしげな主将の、悲願への最後の挑戦は、そう簡単には終わらない。(共同)