日本がPK戦の末に敗れた。史上初の8強進出は、またしても届かなかった。

ABEMAで解説を務めた元日本代表の本田圭佑(36)も、10年の南アフリカ大会で16強に進出し、1回戦のパラグアイ戦でPKの末に涙をのんだ。

あれから12年。本田が解説席で残した“本田語録”とともに、激闘を振り返る(時間は速報値)。

<本田の言葉>

◆前半2分(FW前田が前試合で60分で60本のスプリントを記録したことに)「うそでしょ。よう出ましたね、今日」

◆同11分(長友に)「いけるねぇ、36歳! こっから入ってきたよ、ユウト!」

◆同17分「麻也、(ボールは)もう預けて、後ろいけ!」

◆同43分(前田の先制弾に)「クロスめっちゃよかったすねぇ! 時間帯はめっちゃいいんじゃないですか」

◆後半9分(同点に追いつかれ)「全然問題ないよ。想定内、想定内。分かってたからね、失点するのは」

◆同19分「サッカーっておもろいな。あんないいかげんな感じが、1つの戦術ですからね」

◆同21分「初出場のコイツ(ブディミル)に決められたら、耐えられへんわ」

◆同25分「守田さんのリスタートの早さ、気持ちいいですね。勝ちにいくんだっていう気持ちがね」

◆同27分「モドリッチ、うざいなぁ」

◆同30分「三笘さんを意図的に使うっていうのを、もうちょっと考えたほうがいいですね」

◆同ロスタイム「こっからはね、いい攻撃をしたチームが勝つんじゃなくて、とんでもないミスをしたほうが負けるっていうね」

◆延長戦を前に「ポジティブ、ポジティブ、ポジティブ、ポジティブの集合体が、チームスポーツでしょ」

◆延長前半0分「向こうの監督、ライセンス持ってる?」

◆同5分「今日いかないと、4年は遠い」

◆同ロスタイム「三笘さんのプレーがやばいっすね。W杯終わったら、ビッグクラブでしょ」

◆延長後半4分「伊東さんのプレス? ほんま、すーーっごい走りますね」

◆同8分(浅野へ)「キープしろ! キープしろ! イエス! 今のキープがどれだけチームを助けるか」

◆同ロスタイム「これね、PK見ます? PK見れます?」

◆PK戦を前に「想像を超えてきた4試合。ここでもう1個、想像を超えていってほしいですね。パラグアイ戦もPKやったんで。もう運なんで。次は、次は勝たせてよって」

◆PK戦を前に「ほんまに見れないっす。ほんまに。選手の気持ちを…」

◆PK戦を前に「こんな時だからこそ、楽しくいきません?」

◆敗戦後「よくやりましたよね、うん」

◆敗戦後「4回目の挑戦で、ベスト16、PKを2回。切り替えるしかないわけですよ。今日からね、次のW杯に向けて始まるし、この経験は次に生きますから。ドイツとスペインに勝ったという経験は、この4年残り続けるわけですから」