ワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本(FIFAランキング24位)は5日(日本時間6日)の決勝トーナメント1回戦でクロアチア(同12位)に1-1からのPK戦で1-3と敗れ、目標とした初の8強入りを逃した。

    ◇    ◇    ◇

日本代表MF遠藤航は中盤で相手のキーマン、モドリッチらを警戒しながら後半はミドルシュートでゴールを脅かすなど攻守に奮闘した。

18年大会では立てなかったW杯のピッチを駆け回った。4年後もピッチ内外で中心選手としての活躍が期待される。今後の主将に就任する可能性については「キャプテンはまず(吉田)麻也さんがどうするかだし、やりたいと思ってやるものではなく、監督や周りの選手から信頼されて後からついてくるもの」ときっぱり話した。