元日本代表で、カンボジア代表の実質的な監督に就いた本田圭佑(32)が、マレーシアとの国際親善試合で初采配を振るった。

1-3で逆転負けして初陣は飾れなかったが、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに所属して現役を続けながら、異例の挑戦が始まった。

雨が降る中、本田はピッチ脇に立ち、身ぶり手ぶりを交えながら指示。声を掛けられた選手が真剣な表情で何度もうなずく場面もあった。試合は悪天候で開始が約30分遅れたが、競技場はほぼ満員に埋まり、カンボジアが前半に先制すると歓声に包まれた。

試合後の記者会見で本田は「勝てなかったが、満足している。初めの30分は良い試合ができた」と振り返り、「選手は成功したいと願っており、ぜひ支援したい」と、チーム強化へ意気込みを語った。

日本代表としてワールドカップ(W杯)に3大会連続で出場した本田は、8月にカンボジア代表のゼネラルマネジャー(GM)に就任。今月4日から練習を指揮し、試合に備えた。