元日本代表で、カンボジア代表の実質的な監督に就いた本田圭佑(32)が10日、プノンペンで行われたマレーシアとの国際親善試合で初采配を振るった。1-3で逆転負けして初陣は飾れなかった。

-カンボジアのGMに就任した気持ちは

気に入っている。気に入っているのは、選手たちが全員、成功したいと思っていることだ。ぜひ選手たちを支えたい。

-選手たちは指示にどれくらい応えたか

私が言ったことの90%を実践した。満足している。

-采配を振るった感想は

難しいかと言われれば、結果が出なかったので僕に責任があるし、何かやれたことがあった。確実に敗因には理由がある。多分今晩はそれを考えることに時間を使う。何が難しいのかさえも分かっていない。そのぎりぎりのところを追求していかないと、トップオブザトップを追求していかないといけない。