サウサンプトンで定位置確保を目指すDF吉田麻也は好プレーを見せることができず「力強さのところでアピールしたかった。できなかったというのが個人的に一番の反省点」と複雑な表情だった。

8月下旬以来、今季2度目の公式戦は3バックの中央でプレー。終盤は相手FWとの競り合いに負け、直後に同点ゴールを許した。その後も危ない場面をつくるなど「ちょっと自分を見失いかけた」と打ち明けた。今季は新戦力の加入もあり、リーグ戦では出番がない。7日のチェルシー戦に向け「(出場は)微妙なところ。いつものようにいい準備をするだけ」と冷静に話した。