5~7日に行われたサッカーのブンデスリーガで、ホッフェンハイム戦に3バックの中央でフル出場し勝利に貢献したフランクフルトの長谷部誠が、8日付の大衆紙ビルトから2の高い評価を得た。専門誌キッカーはチームの守備陣で最高点の2・5をつけた。

採点は最高が1で最低が6。シュツットガルト戦に前半途中から出場し、1アシストを決めるなどチームの今季初勝利に貢献したハノーバーの原口元気にはビルト、キッカーとも3を与えた。