10月29日にロペテギ監督を解任したレアル・マドリードは、ホームでバリャドリードを2-0で下し、リーグ戦で9月22日のエスパニョール戦以来となる6試合ぶりの白星を手にした。

Rマドリードは、2軍監督だったソラリ氏が暫定的に指揮を執っている。