11月30日~12月2日に行われたサッカーのドイツ1部リーグで、ウォルフスブルク戦に3バックの中央でフル出場したフランクフルトの長谷部誠に、3日付の専門誌キッカーがチーム最高点となる2の高い評価を与えた。大衆紙ビルトからは3。1-2で敗れたが長谷部への評価は高かった。

採点は最高が1で最低が6。1-2で敗れたバイエルン・ミュンヘン戦にフル出場し、今季3点目を決めたブレーメンの大迫勇也にはキッカー誌、ビルト紙とも3を与えた。キッカー誌ではチームのフィールドプレーヤーで最高の評価だった。