サッカーのイングランド・プレミアリーグで日本代表DF吉田麻也(30)の所属するサウサンプトンは5日、新監督にオーストリア出身のラルフ・ハーゼンヒュットル氏(51)が就任すると発表した。契約期間は2年半で、6日から指揮を執る。

同氏は16年にドイツ1部リーグに昇格したライプチヒの監督に就任し、リーグ2位に導いた。2年目の昨季は6位、欧州リーグでベスト8入りしたが、シーズン終了をもって退任した。

サウサンプトンはプレミアリーグで降格圏の18位と低迷し、3日にヒューズ前監督を解任した。