レスターFW岡崎慎司は同点ゴールをアシストし「とりあえず何かしら残せて良かった」と笑顔で話した。

0-1の後半27分に登場した2分後だった。チームメートと右サイドで連係し、ゴール前中央へパス。マディソンが流し込み、岡崎は「相手の守備が抜けているタイミングだった。(パスを)通せて良かった」と喜んだ。

今季は負傷もあり出遅れたが、32歳のベテランストライカーは「いい感触で今はずっとやれている」と話した。