FW宮市亮が所属するザンクトパウリはアウェーで上位を争うケルンと直接対決したが、1-4で敗れ暫定3位に後退した。1試合消化の少ないケルンが2位に浮上し、1位ハンブルガーSVに1差に迫った。

FWコルドバのゴールで前半32分に先制され、同38分にFWマイアーが決めて同点に追いついたが、後半にコルドバに立て続けに2得点を奪われ、終盤にもFWテローデにダメ押し点を決められた。

宮市は1-3とリードされた後半18分から出場した。