元ブラジル代表FWで62年ワールドカップチリ大会優勝メンバーのコウチーニョ氏が11日に死去したと、現役時代に所属したサントスが発表した。75歳だった。死因は明らかにされていないが、ブラジルのテレビ局は心臓発作だったとしている。

サントスでのFWペレの最高の相棒として知られ、一緒に19個のタイトルを獲得した。