国際サッカー連盟(FIFA)は15日、米フロリダ州マイアミで理事会を開き、2021年からクラブワールドカップ(W杯)を改編して24チームで実施することを決めた。

欧州からは最多8チームが参加でき、アジアからの出場は3枠になる見通し。開催地は未定で、6~7月に行われる予定。

ただ、欧州の各理事は改編案に反対。ロイター通信によると、有力サッカークラブの立場を代弁する欧州クラブ協会も21年大会に参加しないとの立場を表明した。

改編後のクラブW杯は4年に1度の開催となる。これまでW杯の前年に行われていた各大陸連盟王者などによるコンフェデレーションズ杯は廃止する。

6月開幕の女子W杯でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を採用することも決めた。今年の男子のU-17(17歳以下)W杯はペルーからブラジルに開催地が変更となり、女子U-17W杯はインドで行うことも承認した。