サウサンプトンDF吉田麻也はセンターバックで奮闘したが、優勝争い中の強豪に3失点。それでも終盤まで接戦に持ち込み「全体的に見てうまく戦えた」と振り返った。

1-1で迎えた後半35分、味方CKの直後に速攻から勝ち越し点を許す。吉田は前線で攻撃参加していたが「あれは防がなければ」と反省した。

自身のプレーは及第点の出来。後半には相手の決定機を懸命のブロックで防いだ。今季の残りは6試合。まだ降格の可能性もあるだけに「1試合でも早く残留を決められるようにしたい」と気を引き締めた。