ザルツブルクはミス絡みで先制されたが、後半はいつもの安定感を発揮して逆転した。

序盤の決定機をものにできなかった南野拓実は「立ち上がりは良かったが、ミスから相手に押し込まれた。少し集中が切れていた」と前半を振り返った。それでも「後半に立て直して逆転できたのは僕らの強さ」とうなずいた。チームは、リーグ6連覇へ向け、順調に首位を走る。