バルセロナはアウェーゴールを奪えば相手に5点が必要な状況になったが、前半にメッシ、コウチーニョ、アルバが得た好機をGKアリソンに防がれた。後半に次々と失点して反撃できず、バルベルデ監督は「相手の方が強かった。それは認めなければ」と疲れ切った様子で話した。

昨季の準々決勝も第2戦で3点リードを守れず敗退した。相手が勢いづくと止められないもろさを今季ものぞかせ、監督は「ファンにとっても、われわれにとっても悲惨な結果だ」とうなだれた。